求人サイトに載っているお店は安心

取り締まりの強化により徐々に減ってきた暴力団関係の風俗店ですが、残念なことに現在も存在はしています。しかし、そういった風俗店は裏風俗と呼ばれる違法店です。こういった違法店は本番行為を行っているため、いつ摘発されてもおかしくありません。そのため、違法店はオープンに営業をすることができないのです。

デリヘルは風俗求人サイトや風俗求人雑誌で女性を集めていますが、こういった媒体に求人を掲載するにはクリーンな営業を行っている必要があります。仮に違法店を掲載してしまうと媒体側もトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、違法店は掲載されていません。

風俗求人サイトや風俗求人雑誌に掲載するには、自治体や警察署へ正しく届け出がされているか厳しいチェックがあります。そして、そのチェックをパスしたクリーンなお店だけが掲載されているのです。

せっかくデリヘルアルバイトをするのですから、誰もが少しでもストレスなく働きたいもの。違法店では安心して働くことができませんので、クリーンな営業を行なうお店を選ぶためにも、風俗求人サイトや風俗求人雑誌に掲載されているデリヘルで探しましょう。求人を探す媒体をきちんと選ぶことで、安心して働ける環境を見つけることができます。

暴力団はデリヘルを出店できない?

デリヘルの開業をするには各自治体に届け出をしますが、そこでは風営法に則って届け出を出すことになります。警察署からの認可も受ける必要があるのです。現在の警察は暴力団関係者を完全にマークしており、デリヘルの届け出に少しでも暴力団関係者が関わっていると申請ができません。過去には暴力団関係者が関わっている風俗店が多かったものの、風営法に則った申請の徹底や、警察の取り締まりの強化などによって、徐々にデリヘルはクリーンな営業へと移り変わっているのです。

また、中には「暴力団であることを上手く隠して届け出るデリヘルもあるのではないか」と考える方もいることでしょう。しかし、デリヘルとは常に警察が監視をしています。特に本番などの違法行為が行われている可能性があるので、常に目を光らせているのです。そのため、暴力団との関わりはすぐに見つかってしまい、簡単に摘発されてしまいます。これだけのリスクを背負ってまで暴力団はデリヘルに関わらないでしょう。

このように、現在ではきちんと法律によって厳しく取り締まっているため、ほとんどの風俗店が安心して働ける環境となっています。これなら、暴力団関連のことで心配していた女性も、安心して働けるでしょう。

風俗求人の現状

デリヘルは高収入が得られることから、興味を持っている女性は多いことでしょう。しかし、いくら興味があったとしても、デリヘルに対して怖いイメージを持つ女性は少なくありません。男性であればお客さんとしてデリヘルを利用するシチュエーションがあるので、どういった雰囲気かがわかるでしょう。しかし、女性はお客さんとして利用することがないため、どういった雰囲気かわからず不安になるもの。暴力団が関わっているのではないかと考える女性もいると思います。

しかし、現在の風俗はクリーンなお店が多いものです。確かにこれまでは暴力団の関わる風俗店も珍しくありませんでした。しかし、そういった風俗店は摘発されているため、ほとんど残されていないのです。風俗シーンにおいて現在主流となっているのはデリヘルですが、これには理由があります。デリヘルは開業の申請が手軽であることから全国的に増加しているのです。しかし、暴力団関係者は申請ができません。そのため、クリーンな営業を行っているお店の割合が多くなっているのです。

また、デリヘルで働くのであれば風俗求人雑誌や風俗求人サイトをチェックするものですが、こういった風俗求人にはクリーンなデリヘルばかりが掲載されています。暴力団と関係のあるデリヘルは掲載されていません。そのため、こういった風俗求人で見つけたデリヘルあれば安心して働くことができるでしょう。当サイトでは、デリヘルの届け出の方法や、安心できる求人の選び方について詳しく解説しています。