暴力団はデリヘルを出店できない?

デリヘルの開業をするには各自治体に届け出をしますが、そこでは風営法に則って届け出を出すことになります。警察署からの認可も受ける必要があるのです。現在の警察は暴力団関係者を完全にマークしており、デリヘルの届け出に少しでも暴力団関係者が関わっていると申請ができません。過去には暴力団関係者が関わっている風俗店が多かったものの、風営法に則った申請の徹底や、警察の取り締まりの強化などによって、徐々にデリヘルはクリーンな営業へと移り変わっているのです。

また、中には「暴力団であることを上手く隠して届け出るデリヘルもあるのではないか」と考える方もいることでしょう。しかし、デリヘルとは常に警察が監視をしています。特に本番などの違法行為が行われている可能性があるので、常に目を光らせているのです。そのため、暴力団との関わりはすぐに見つかってしまい、簡単に摘発されてしまいます。これだけのリスクを背負ってまで暴力団はデリヘルに関わらないでしょう。

このように、現在ではきちんと法律によって厳しく取り締まっているため、ほとんどの風俗店が安心して働ける環境となっています。これなら、暴力団関連のことで心配していた女性も、安心して働けるでしょう。